梅雨時期のお洗濯の工夫

スポンサーリンク
マカフィー・ストア
スポンサーリンク

梅雨時期のお洗濯、何か工夫していますか?

東北地方も13日に梅雨入りして、本格的にジメジメした季節の到来です。

全国のママ達は、毎日の洗濯物に頭を悩ます季節です。

当家では、子ども達4人ぶんと親の合わせて6人分の洗濯物を毎日しなければならず、天気が悪い日が続くと憂鬱になります。

でも、ちょっとした工夫で少しだけでも楽になれば・・・、と思って実践していることをご紹介します。

バスタオルではなく、フェイスタオルを使う

お風呂上がりのバスタオル、毎日何枚も洗濯するの大変ですよね。

バスタオルは大きくてかさばりますし、干すときも場所をとります。

我が家では、数年前からバスタオルをやめて、子どもも大人もフェイスタオルで体を拭くことにしました!

小さい子供は、フェイスタオルで十分なことは言わずとも分かりますが、大人だってフェイスタオルだけで十分に拭けます。

フェイスタオルは、大人は一枚ずつ使い、子ども達は2枚くらいを共用するので、4枚くらい使います。

それから、手拭きタオルなども毎日洗うので、毎日5~6枚のフェイスタオルを洗うことになりますが、バスタオルを洗って干すことに比べればずっと楽です。

ちなみに、私は出産で入院する時もバスタオルは持参せずにフェイスタオルで済ませました。

主人が頻繁に病院に来て洗濯物を回収してくれればいいんですが、期待できないので、病院の洗濯機で自分で洗って乾燥機で乾かしました。

なので、フェイスタオルは乾きが早くて良かったですよ。

フェイスタオルをバスタオル代わりにするメリット

  1. 洗濯する時にかさばらない
  2. 干すときに場所をとらない
  3. 干したり乾燥機にかけた時に乾きやすい
  4. 収納も場所をとらない
  5. 臭くなった時に煮洗いが容易にできる

5番の煮洗いがありますが、これについては次回に詳しく書きますね。

写真は我が家で使用している無印良品のフェイスタオルです。

昨年、次女が生まれた時に新調したので、かれこれ半年くらい使っています。

このサイズだと、使い古した後に雑巾に縫って小学校に持たせられます。

畳むときも小さいのですぐ畳めるし、近頃ではバスタオルの必要性を全く感じません・・・。

是非、フェイスタオルを活用してみてください。

スポンサーリンク
プーマオンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする