低用量ピルを通販でお得に購入する方法!賢く利用すればメリットがたくさん!!

スポンサーリンク

こんにちは、ひつじ子です。

久しぶりの投稿になってしまいました。

今回は低用量ピルについて、お話ししたいと思います。

当家には既に4人の子供がいるので、避妊はシビアな問題です。

数ヶ月前に4番目の末っ子も卒乳したところで、そろそろきちんと避妊について考えなくてはと思い、低用量ピルを服用することにしました。

私は20代前半に、子宮内膜症の治療のために1年くらい低用量ピルを服用していた時期がありました。

そのときに医師から低用量ピルの服用方法や副作用について説明は受けてたので、今回再びピルを飲み始めることに抵抗感は無かったです。

ただ、毎回産婦人科に行ってピルを処方してもらうのは面倒だし、費用も結構掛かることがネックだなと思っていました。

そこで、個人輸入で海外から低用量ピルを購入するという方法を試してみることにしました。

スポンサーリンク

個人輸入代行で低用量ピルを購入する方法

私が低用量ピルを購入したのは、「あんしん通販薬局」という個人輸入代行をしてくれるサイトです。

日本では医師の処方箋が必要な薬も、海外の生産国から安く購入できます。

サイト上では全て日本語でやり取りできますし、支払いもクレジットカードや銀行振込、コンビニ払いなどで出来るので、とっても簡単です。

ただ、海外(シンガポール)から発送されるので到着までに1週間ほどかかります。

私が注文した際は、支払い日から7日で商品が到着しました。

医師の診察が無いので、副作用等に関しては自己責任になります。初めて服用される方にはお勧めできません。

以前から病院でピルを処方してもらっていて問題なく服用されている方で、費用を安くしたい、病院に行く手間を省きたいという方は一度試してみる価値はあります。

あんしん通販薬局は本当に安くて便利です!

「あんしん通販薬局」は初めて利用するサイトなので少し不安でしたが、口コミやレビューは良いコメントが多かったので、思い切って低用量ピルのノベロン(マーベロン)を2ヶ月分注文してみました。
※ノベロンはマーベロンのジェネリック薬

個人輸入代行なら「あんしん通販薬局」

実はノベロンではなくトリキュラーのほうが安かったのでそちらを注文したかったんですが、在庫切れになっていて、生理開始前に手元に届いて欲しかったので仕方なくノベロン(マーベロン)を注文しました。

私が注文したノベロン(マーベロン)2箱セットのお値段は3,102円でした。1個あたり1,551円になります。

産婦人科で処方してもらうと1ヶ月分で3,000円くらいが相場だと思います。それに診察代もプラスされますから、通販で購入するのは本当に安くて驚きました。

さらに、私が注文した2個セットよりも更にお得なのが3個セット~12個セットのまとめ買いです。

多く買えば買うほど1個あたりの値段が安くなります。

支払い方法は、クレジットカード、銀行振込(ゆうちょ銀行・楽天銀行)、コンビニ決済、ビットキャッシュ決済から選択できます。

私は、ちょっとクレジットカードを使うのが不安だったので、ゆうちょ銀行の口座に振り込みました(笑)次からはクレジット決済にすると思います。

その他、あんしん通販薬局は7000円以下は送料が700円かかります。

通販で購入した低用量ピルはちゃんと届きました

支払いをしてからちょうど7日目に、国際郵便で大きな封筒が届きました。

プチプチが貼り付けてある茶封筒です。そのなかに、ノベロンが二箱入っていました。

予想以上の簡易包装に少し驚きましたが、中身はとくに劣化していませんし、問題ありませんでした。

届いて数日中に生理が始まったので、ノベロンを飲み始めました。

私が購入したものは21錠タイプなので、全部飲み終えたら7日間飲まない期間を設けます。

その間に、いつもより少し出血が少ない生理が来ました。

今、二箱目のノベロンを飲んでいるところです。

心配していた頭痛や吐き気などの副作用は全くありません。

これからも低用量ピルを通販で購入するつもりです!

低用量ピルには避妊以外にも生理の周期を整えたり、生理痛を軽くする、生理前のイライラを改善する、などのたくさんのメリットがあります。

そんなメリットを理解していても、病院に行く手間や費用がネックになってなかなかピルを継続して服用できない人も多いのではないでしょうか?

低用量ピルは、海外では医師の処方箋がなくてもドラックストアで購入できる薬です。

血栓症などの重篤な副作用のリスクもありますので、それをきちんと理解した上で、私は今後もピルと上手に付き合っていこうと思います。

スポンサーリンク
プーマオンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする