十三塚公園の池でザリガニ釣りをしました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

十三塚公園は名取市にある大きな公園

我が家でよく行くのが名取市にある十三塚公園です。

子ども用の遊具の他に、野球場やテニスコート、陸上競技場など色々な施設があり、年齢や性別を問わずに楽しめる公園です。

縄文時代から古墳時代にかけて複数の古墳が発見されている史跡でもあり、遊具広場のすぐそばの丘が円墳です。(子供たちはそれとは知らずに、駆け上がったり下りたりして遊んでます)

東日本大震災後は、津波で被害を受けた閖上中学校の仮設校舎が公園内に作られました。

仮設校舎が建設されたおかげで、公園の駐車場がかなり広くなったので以前よりずっと利用しやすくなりました。

十三塚公園の壁打ちテニスコートは安くておすすめ

この公園は、私が住んでいる周辺で唯一テニスの壁打ちコートがあるので、テニス好きのパパがよく一人で壁打ちしています。

テニスコートは5面あり、夜間用の照明もあるので照明の料金をプラスすれば21時まで利用できるので便利です。

壁打ちコートは市民なら1時間50円、市外の人は75円という安さ!

以前は休日でもそんなに人がいなかった壁打ちコートですが、最近は錦織選手の人気で休日は先客が多いのが難点です。電話の予約が出来ないので、管理棟まで行って受付で予約しています。

十三塚公園管理棟

こちらが管理棟です。テニスコート等の利用受付とお手洗いもあります。自動販売機も2台あります。

十三塚公園の池はザリガニフィーバーです

散策路の途中に湿地の環境を再現した池があるのですが、夏になるとザリガニが大量発生します。

タコ糸とエサ用の煮干しやスルメ、おもり用の5円玉(糸に付けられるなら何でもいい)を持って行きます。

池に付いたら、手ごろな木の枝を拾って釣り竿にします。

池の透明度は、その時によって変わりますが、よく見ると水中のザリガニが見えるので、ポイントを絞って糸を垂らします。

ザリガニは、池の淵の石の間によく隠れています。

面白いように、すぐ釣れますよ!

うちの子ども達はバケツを持って行きたいと訴えてきましたが、キャッチ&リリースにさせました(汗)。

2年ほど前に、うちに次男が池に落ちたので、浅いですが泥まみれになるのでご注意ください!!

十三塚公園の他の施設について

地図の青い部分が池で、四角いのがテニスコートですが、ぐるりと一周する散策路がかなり広いのが分かります。

ジョギングや犬の散歩を人が沢山います。今日は、ノルディックウォーキングをしている人を数人見かけました。

テニスコートや野球場の他に、陸上競技場や多目的のグラウンドもあります。

十三塚公園陸上競技場

陸上競技場のすぐそばに多目的グラウンドがあるんですが、遊具のあるエリアでボール遊びは禁止されているので、キャッチボールなどは多目的広場でするのがおススメです。

最近、陸上競技場に併設されたトイレが新しくなりました。

バリアフリーのトイレもあり、赤ちゃんのオムツ交換用の台もあるので便利で嬉しいです。

子ども用の遊具のあるエリア近くにトイレが無いので、こんな場所にトイレを作るなら、もっと利用者が多い場所に作ってほしいな~と、正直思いましたね。

十三塚公園のおすすめの遊具

公園の遊具は、ここ数年で新しいものと入れ替えられました。この周辺の公園では一番楽しい遊具が集まっているように感じます。

こんな渦巻の滑り台があります!子どもは大喜びで何度も滑るのですが、私は一回滑ったら酔いそうで、二回目はやめておきました(笑)。

長い滑り台と短い滑り台がいっしょになった遊具。

年齢が上の子も下の子も楽しく遊べます。

十三塚公園小さい子供むけ遊具

こちらは、小さい子ども向けの遊具です。

2歳くらいの子なら安全に遊べると思います。

遊具のエリアはとても充実していて、子ども達が飽きずに楽しめるので私の中ではかなり評価が高いのですが、水飲み場が無いこと・トイレが遠いことが難点です。

トイレは、管理棟と野球場の入り口脇、陸上競技場の三か所にありますが、遊具のエリアからはどこも遠いです。

野球場のトイレが比較的近いのかもしれませんが、急な坂を下るので小さい子供は結構大変です。

いつか改善されたらいいな・・・と願っています。

まとめ

十三塚公園はザリガニ釣りが出来る池や、テニスコート、渦巻の滑り台などがあり、家族で一日楽しめるおススメの公園です!

春は公園のいたるところに桜が咲いてお花見にもってこいですし、秋はイチョウの木が実を落すので銀杏が拾えます(早い者勝ちですが)。

公園の周辺にはスーパーの「ヤマザワ」やローソンなどもありますので、お弁当や飲み物を買うのに利用できます。

スポンサーリンク
プーマオンラインストア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする